人工知能は人間を超えるか (角川EPUB選書) Kindle版

著者:松尾 豊

発売日:2015/03/10

出版社:KADOKAWA / 中経出版

ISBN:

手を動かしながら学べるディープラーニングの優良なチュートリアル - karaage. [からあげ]

ディープラーニングは習うより慣れろかも ファッションでディープラーニングをしているディープラーニング芸人からあげです。私は、特に専門家でも何でもないのですが、機械学習に興味もって、ディープラーニングに関することブログでアウトプットしているうちに「AIに関する本に名前がクレジットされたり」「AI解析のオ...

機械学習の入門本を書きました(データサイエンティスト養成読本) - 随所に主と作れば、立処皆真なり

初めて執筆に参加した本、データサイエンティスト養成読本シリーズの機械学習入門編が技術評論社さんから出ます。共著です。9月10日発売です。 データサイエンティスト養成読本 機械学習入門編 (Software Design plus) 作者: 比戸将平,馬場雪乃,里洋平,戸嶋龍哉,得居誠也,福島真太朗,加藤公一,関喜史,阿部厳,熊崎宏樹出...

【必読!】Kindleで読める科学・コンピュータ・IT系のおすすめ本30選 | トリビアルニュース

【必読!】Kindleで読める科学・コンピュータ・IT系のおすすめ本30選 2015/10/24 2017/2/4 本 実は最近Kindleで電子書籍を読むのににハマっています。 なぜ今頃ハマっているのかというと、9月にアマゾンプライムビデオというHuluやNetflixのようなサービスが開始したのを知って、試しに登録してみようかと思ってAmazonを...

おすすめ書籍 人工知能は人間を超えるか(松尾豊/角川Epub選書) - 648 blog

人工知能は人間を超えるか(松尾豊/角川Epub選書) 前から読みたかったので地元の図書館で探したら、なんと20人待ちだった。 こうなると意地でも読みたくなる。 と、そこでKindleで探したらお買い得価格になっていたので購入した。 以下の大賞で、ビジネス書部門のトップになっていたようだ。 ITエンジニア本大賞 2016技...

電子書籍の不満と解決への提言 - 情報管理LOG

情報管理LOGの@yoshinonです。 今回は、こんなタイトルですが、基本的には電子書籍万歳!とか思っています。 しかし、だからこそ少しずつフラストレーションが溜まってきているのも事実なんですよね。というわけで今回は、私が現在、電子書籍に対して感じている不満とそれについてどのような解決策が考えられるかを書い...

「このコンピューター書がすごい2017年。」ベスト10発表! | P2P today ダブルスラッシュ

横田です。今年も「このコンピュータ書がすごい!」が開催されたので、行って参りました。 今年も「高橋メソッド」でお馴染みの高橋 征義さんと、コンピュータ書の仕掛け人である各出版社の編集者の方が、2016年に売れたコンピュータ書について座談会形式で話すものです。私は2016年、2015年、2014年と4年連続で参加いた...

はじめての小川一水「想像力をくすぐる六冊の小説」 - 景虎日記

どうも。俺だ。景虎だ。 今回は、とっておきの小説を紹介していくエントリを書いていこうと思っているのだが、その前にキミに一つ質問を投げておこうと思う。 キミは、想像力に自信がある方だろうか? 突然この問いを投げられて、「当然自信がありますよ」と答えられる人は中々いないとは思うが、中には内心「俺には類い...

個人的に買って良かったおすすめ本ランキング2016【15冊】 - STAY MINIMAL

2016年買って良かった本15冊を総まとめ 2016年の一人暮らしで買って良かったモノを過去記事一人暮らしで本当に買ってよかった物おすすめ15個まとめ【2016年】でまとめたけど、どうしても2016年の読んだ本についても振り返ってまとめておきたかったので紹介していくことにする。 忙しくなるとめっきり本を読まなくなって...

Deep Learning リンク集 - 人工知能に関する断創録

乗るしかないこのビッグウェーブに Deep Learning(深層学習)に関連するまとめページとして使用する予定です。Deep Learningに関する記事・スライド・論文・動画・書籍へのリンクをまとめています。最新の研究動向は全然把握できていないので今後研究を進めるなかで記録していきたいと思います。読んだ論文の概要も簡単...

【2016年】年始に買ったおすすめの本15冊 - ジブンライフ

あけましておめでとうございます。 ブログを始めてからずっと毎日更新をしていたのですが、実家はなかなか更新が難しいのでお休み中です。 ぼくの中での年始の恒例イベントとして、セールなどで安く売っていておもしろそうな本を買いまくるというものがあります。 BOOKOFFとAmazonのセールで買ったものばかりで、いまな...

技術書で平成30年間を振り返ろう。平成技術書史まとめ。 - omuriceman blog

令和明けましておめでとうございます。新元号になっていかがお過ごしでしょうか。 振り返ってみると平成はITの時代と言っても過言ではなかったでしょう。 今回平成30年間の技術書を年間別にピックアップして形態素解析してみました。各年ごとの技術系のトピックとともに振り返って行きたいと思います。 (「その当時売れ...

【1000冊読んだ京大生が選んだ】大学生のうちに読んどくと差がつくおすすめの本44冊! - 我、京大生ぞ

こんにちは、京大生ブロガーのゲーテ(@goethe_kyodai)です。 1000冊本を読んだ後にこう思いました。 「凡庸な本をいくら読んでも無駄だ」 「良書を読まなきゃ自分の中に積み上がっていかない。」 そういうわけで、1000冊の中から選んだ大学生のうちの読んどくと差がつくおすすめの本44冊 をまとめました。 な...

実際に読んで選んだマネジャーのための100冊 - Kentaro Kuribayashi's blog

このエントリでは、僕がこの2年弱で読んだ約300冊のマネジメント関連本から、100冊を選んでカテゴリ別に紹介します。 背景 2014年8月に、それまで前々職から現職に至るまでいちエンジニアとしての経験しかなかったところから、総勢70人を越えるエンジニア組織のマネジャーになりました(参照: GMOペパボ株式会社の技術責...